薬剤師ブログ

お給料が安すぎる・・・

COVID-19の新患については慣れや落ち着きが出てきたおかげで、無難にこなせるようにはなってきましたが、感染のリスクがある割には、病院薬剤師ってお給料が安くないですか?

幸いにも今の病院は賞与のカットとかの話は出ていませんが、今年の冬はどうなるのでしょうか・・・

お給料が安すぎる

私は病院薬剤師として5年以上働いて働いてきましたが、想像以上に給料が低く、疲弊し、大量のストレスを抱えています。

4年間薬科大学に通い、ストレートで国家試験を合格した私の場合、初任給を頂けるのが22歳からになります。

薬学部を卒業できなかった人や、国家試験に合格できなかった人は24歳以上であることを前提に考えて下さい。

私の勤務していた病院では、1年目の初任給は約20万、昇給は1年で約2,000円になります。1年目の手取りに関しては20万円を切っていました。

階級制度が存在し、5年目で階級手当てが約4000円でした。それら諸々を全てを足し合わせ、5年目の給料が22万円程度でした。

5年目はまだ若いと捉えがちですが、既に私は27歳となっており、30歳手前で大学卒の方の初任給とほぼ同額という現実を想像すると、非常にやり切れない気持ちになりました。

そして、今年のこの状況はせめて労働の対価としてお給料を上げてくれないかなという欲求が爆発しそうになっています。

さらに仕事量が多すぎる

私の勤務していた病院では、定時である17時に帰宅することがほとんどありませんでした。

なぜなら、院内処方の出力が17時以降もあるからです。

医師の外来予約が後手に回り、本来17時に終わるはずの外来診療が、18時頃に終了する事が日常茶飯事でした。

医師が処方した薬を、私たち薬剤師が調剤監査して患者様に投薬します。

一通り業務が終わるのが、早くて18時30頃となっていました。

一区切りした後、病棟に上がり入院患者様の薬を管理、各部署の事務仕事を行うという『終わりの見えにくい仕事』が始まります。

そのまま21時を超えることはざらでした。

しかも、45分の休憩時間のみで、それ以外の時間はノンストップで動き回るのです。

一息できる環境は一切ありませでした。長時間勤務でストレスを抱え、体調を崩す方も多数いました。

年代が上がるにつれて業務量は増えていく一方で、本当に病院に忙殺されるとまで考えました。

薬剤師と違う道も考えてみようかな

企業の管理薬剤師業務や製薬会社のMR、治験関係のCRO、もしくはドラッグストアで薬剤師。

今ならどこでも面接は受けられそうな感じです。

お給料で選ぶなら、企業を選ぶべきか。

今年中には選択する予定です。

-薬剤師ブログ

© 2020 薬剤師モカの転職ブログ Powered by AFFINGER5