業界情報

小林化工に続いて、あの大手企業も・・・

今度は超大手企業が自主回収に

日医工といえば後発品会社の最大手です。

MR転職活動をしていると、50代のおじさんは「日医工いいなあ」なんて会話が聞こえてくるくらいでした。

どんな会社なのでしょうか。

日医工とは

富山市に本社を置く医薬品メーカーの「日医工」は昭和40年に設立されました。

平成17年の法改正で医薬品の製造の外部委託が完全自由化されたことを受けて、積極的に設備投資を行って生産を拡大し平成22年には東証一部に上場しました。

その後もジェネリック市場の拡大にあわせるように売り上げを伸ばし、去年3月期の売り上げはおよそ1900億円にのぼりこの10年でおよそ3倍に急増しました。

また、先月イスラエルの企業と武田薬品工業が出資する会社のジェネリック事業を買収するなど平成12年に田村友一社長が就任して以降、9回にわたって買収や出資を繰り返し、製造と販売いずれも国内で業界トップクラスの規模となりました。

現在、国内には富山県滑川市にある主力の「富山第一工場」など8つの工場があるほか海外にも生産拠点があり、従業員の数は去年3月時点で1954人となっています。

売り上げ1900億円は中堅先発メーカーよりも大きい数字です。

そんな大企業に何があったのでしょうか。

またしても国が承認していない製造方法

国が承認していない工程で製造した医薬品など75品目を自主回収した富山市のジェネリック医薬品大手「日医工」に対し、富山県は品質管理などに重大な問題があったとして業務停止命令を出しました。

これは富山県が3日、会見を開いて明らかにしました。それによりますと、富山県滑川市にある日医工の富山第一工場では、品質試験で「不適合」となった製品について国が承認していない方法で再加工や再試験を行い、「適合」扱いとして出荷していたことなどが確認されました。

このため、品質管理や製造に重大な問題があったとして、3日付けで医薬品医療機器法に基づく業務停止命令を出したということです。

命令の期間は5日からで主力の富山第一工場での製造を32日間、全社での販売業務を24日間にわたって停止します。

医薬品の審査を行うPMDA=医薬品医療機器総合機構と県が、去年2月に抜き打ちで工場に立ち入り調査を行ったのをきっかけに日医工が外部の弁護士に依頼して調査した結果、国が承認していない工程で製品を出荷していたことなどが判明したということです。

これを受け日医工は去年4月からことし1月にかけて花粉症などの抗アレルギー薬や胃腸薬、それに糖尿病の改善のために血糖値を抑える薬など合わせて75品目を自主回収しました。

75品目の自主回収と24日間の販売業務停止。

これはかなり影響が大きいと思います。

50代で正社員で入社できる最後の会社

会社で話をしていると、50代に入るとコントラクトで転職をするか、後発品メーカーで正社員で働くかの2択になるみたいです。

その中でも人気があったのが日医工。

給料の上限も先発と変わりなく、営業先にも信頼があった後発品メーカーだったようです。

これから信頼回復はなかなか厳しい道のりですが、一刻も早く回復してほしいです。

やはり飲み慣れた薬剤が一番ですから。

転職を検討するならエージェントに相談した方が確実な情報が得られると思います。

特にJACはこういったスタートアップ案件に強く、他にも年収800万円以上の案件なども多数持っています。

ランキングに参加しております。

モカが実際に相談したサイトの一覧です。

今の職場に疑問を感じたり、また、他業種に転職しようとした際におススメな会社を紹介します

特に現在は募集の会社も少なく、転職サイトに登録することは情報入手からも必須です

リクナビ薬剤師

リクルートエージェント、タウンワーク、リクナビ、とらばーゆなどを通じ、

年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが運営する「薬剤師専門」のサービスです。

JAC Recruitment

薦めたい転職エージェントNO1

年収600万円から2000万円までのハイクラスの転職サービスが受けられます

特にベンチャー系製薬会社やマーケティング志望の方にお勧めです

「利用者満足度No.1」マイナビ薬剤師

薬剤師転職支援サービスの利用動向調査にて、

「利用者満足度No.1」

薬剤師のための転職サイト

登録しているだけでもメリットがあります!

まだ転職をお考えでなくても登録しておいてはいかがでしょうか?

-業界情報

© 2021 薬剤師モカのMR転職ブログ Powered by AFFINGER5